婦人

栄養素を液状や粒状にして凝縮し作られたプラセンタサプリで理想の体

更年期と体

顔を覆う人

更年期障害は、一般的には婦人科や心療内科での診療となります。婦人科では足りなくなったエストロゲンを補う薬が用いられるのが常です。心療内科では、必要に応じてカウンセリングなどが行われます。こういった定番の治療の他に、最近試みられているのがオーソモレキュラー療法です。この療法では、日頃摂取している栄養素を見直して更年期障害を改善します。オーソモレキュラー療法は、体質そのものを変えるのが特徴です。従って、漢方治療と同様に大元から更年期障害を改善出来る可能性が出てきます。一時的な対処に留まらない改善効果が望める点は、この療法の大きな利点です。ホルモン薬に頼りたくないという方は、こういったオーソモレキュラー療法を行うクリニックを探すのも一案です。

オーソモレキュラー療法は、体に備わっている本来の治癒力を引き出します。ですので、更年期障害が軽減するケースが多いです。特に冷えやストレスの感じ方には変化が表れやすく、体験者からも好評を得ます。ホルモン薬の場合には、長期間服用を続けなければならないことが一つのデメリットです。副作用があると、さらに負担が増えます。こういったデメリットを避けたい場合、オーソモレキュラー療法は非常に魅力的です。薬の副作用が話題になっている昨今では、極力ホルモン薬に頼らない風潮が出始めています。更年期障害以外の症状も良くなることが多く、総合的な体調アップが見込めることが人気の一因です。サプリメントなどを用いて楽に治療が出来る点も、注目されます。